泉州発・週末は近所の海でルアー釣り

南大阪でルアー釣りしてます。 シーバス、メバル、アジ、青物、タコ、イカ、タチウオ、釣り物にはこだわりません。 なんでも釣れたら楽しいですもんね。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

タフィ

Author:タフィ
人生の目標、仕事の目標なんて、なんにもないけど釣りの目標だけは大きくなります。

最終目標は
「毎日釣りして過ごすこと」

それを夢見て近場で釣り糸を垂らす40過ぎのオヤジ釣り師です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランジーノ109MLの修理

昨年末に折れたブランジーノ109ML。
P1020424.jpg 

いっそのことAGSに買い替えようかと思いましたが、中古でも4~5万円。
無理や・・・

穂先交換は38000円。
これは無いな。

109MLを中古で買い直すと25000円。
うーん、微妙。

そこで思った。
自分で修理できひんかな?
修理案 
こんな感じで、折れた竿の中にハンドメイド用の穂先を入れて
外側をスレッドで巻いたら、取りあえず使える様になるんちゃう?

ちょっと、ググってみたら結構いらしゃいました。
ご親切に動画までUPしてくださってる方まで。

用意したのは、4.5mmのソリッドのカーボンロッド
P1020467.jpg 

これを、6センチにカットして、竿の内径に合わせてテーパー状に削ります。
P1020440.jpg 


寸法の出し方にちょっと悩みましたが、
①大まかな寸法を出し、太めに削る
②そこから少しずつ削って調整する で行くことにしました。

寸法 
6センチのカーボンを入れるので、穂先側3センチのところで、4.9mm。
竿尻側3センチのところで、5.2mm。
竿の厚みが0.64mmなので、
穂先側(4.9-1.28=3.62)mm~竿尻側(5.2-1.28=3.92)mm

まず太めに3.8mm~4.2mmで削って、そこからちょっとずつ調整することにします。

P1020441.jpg 

これが3.8mm~4.2mmですが、これでピッタリでした。

では次のステップ。
竿尻側にエポキシ系接着剤を塗って、カーボンを入れる。
P1020442.jpg 
P1020443.jpg 

次は穂先側にもエポキシ系接着剤を塗って入れる。

P1020445.jpg 

これで見た目は折れた箇所が殆どわからなくなりました。
でも、これだけだと絶対強度不足で次いだ部分が割れると思うので
外側をカーボンロービングなる、カーボン繊維で巻いてエポキシ系接着剤で固めます。
P1020446.jpg
P1020447.jpg 

これで使用出来る状態になりましたが、トゲトゲしてるので、ラインが傷つくかもしれません。
念のため、エポキシ系接着剤でコーティングしました。

P1020451.jpg 

これで完成!
500gの荷重をかけてみました。
違和感ないですよね。
P1020460.jpg 


今朝、初釣りで使用して、ショアラインシャイナーSL14シンキングを
フルキャストしましたが、全く問題ありませんでした。

魚のアタリもしっかり手元に伝わります。

ボーズでしたが・・・



スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://yyp3sbk.blog55.fc2.com/tb.php/271-31248dca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

スポンサード リンク

Favorites list


カートップボートのA to Z
海の魅力を満喫するクルマ+ボートの入門ガイド



ボートフィッシングバイブル
海のマイボート・フィッシング「完全マニュアル


ボート釣り道場
マイボードを車に積んで!スモールボートで楽しむ海の釣り入門

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。