泉州発・週末は近所の海でルアー釣り

南大阪でルアー釣りしてます。 シーバス、メバル、アジ、青物、タコ、イカ、タチウオ、釣り物にはこだわりません。 なんでも釣れたら楽しいですもんね。

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

タフィ

Author:タフィ
人生の目標、仕事の目標なんて、なんにもないけど釣りの目標だけは大きくなります。

最終目標は
「毎日釣りして過ごすこと」

それを夢見て近場で釣り糸を垂らす40過ぎのオヤジ釣り師です。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

夏休みの工作2

さて、いままでカヤック340は15年落ちの愛車ハリアーにカートップしてました。

こんな感じ。
P1010646.jpg

これがダメって訳じゃないんですが、ゴムボートなんでキャリア上を滑らせることが
出来ないので、普通のカヤックより圧倒的に積みにくいんです。

そこで、軽トラに積むことにしました。
2×4にペンキ塗って、こんな感じに鳥居を組みました。
P1010685.jpg

頼りない作りですが、重量19㎏ですし、2年もてばいいかと思ってますので
これで十分でしょう。

カヤック340を積むとこんな感じです。
P1010683.jpg

P1010684.jpg

積んでみた感想は。

ハリアーとあんまりかわらん。。。

やっぱり滑らないので積みにくいです。
もうちょっと工夫してみます。

夏休みの工作1

先々週は雨、先週も雨、釣りいけませんねー。

まぁこの季節、行ってもよー釣りませんので、結果は同じなのですがΣ(゜д゜

そこで、工作を2つほどしました。
まずは魚探。


モバイルバッテリーを購入したのはいいのですが、
付属のケーブルを使用するとこんな感じで使い勝手が非常に悪い。
P1010687.jpg


これを、ケーブル1本で接続出来るようにしましょう。

日本橋の電子部品ショップにて、2.1φプラグ付コードと2P電源コネクタを購入。
樹脂製のコネクタが欲しかったけど、メタルしか無かったので、錆びたら交換しましょう。
P1010676.jpg

これを接続するだけ。原価350円です。
P1010689.jpg

モバイルバッテリーを魚探の裏側にマジックテープで固定して完成。
P1010691.jpg


さて、お次は魚探ケースを作ろうと思ったのですが、思った以上に大きくなりそうなので、
どうしようか思案してる所、ダイソーでこんなの見付けました。
P1010678.jpg
ビニール袋を熱で溶かして、封することが出来るものらしい。

魚探に台所用のビニール袋を被せて、封しました。
P1010680.jpg

これをカヤック340に取り付けると、ん!ええ感じ。
P1010681.jpg

これなら大荷物になりませんね。
ええ感じです。

夏休みの工作2に続く

カヤック340ドーリー

さて、今週末は台風後で沖に出るのはちょっと不安あったし、
先輩から「タコどうなん?」って問い合わせも入りましたので
今年初の夏タコ調査に行きました。

でも、でも、全然あかんがな(+_+)
今年は夏タコはダメですね。秋まで我慢します。

その夜、シーバス爆釣情報を頂きました、紀北河川に夢を見に行って来ました。

到着即、掛けましたが、残念ながらバラシ。
でも、アタル、アタル。
フタ桁は堅いぞー。と思いましたが、これが全然フッキングしないんです。

結局30分で時合い終了。
難しい釣りです。


さて、日曜日は朝から雨だったんで、カヤック340のドーリーを作成しました。

リトルボート式のバーベルドーリーです。
P1010662.jpg

ダイナキールに30mmの穴あけて、20mmの塩ビパイプに19mmのステンレスパイプ通し
家にあった、カヤック用のドーリータイヤを付けたら、はい完成。
P1010665.jpg

でも、これ使う機会あるかなー。

カヤック修行

今日はかじやん師匠にお付き合い頂き、
鯛カブラ&カヤック修行に行って参りました。

鯛カブラの釣果は置いておきまして、
カヤック修行の成果を発表いたします。

カヤック転覆時、前から乗り込めるようになりました。


これはどんなシチュエーションで必要になるかといいますと、
「海で沈した時全て」です。


前週、琵琶湖で横から上がる練習はしましたが、
これは凪やったからこれで良かったわけです。

(以下、かじやん師匠談)

普通、凪の時には沈しませんよね。
沈する時は大なり小なり、波があります。

波のある時に横から上がろうとすると、波で艇が傾き
そのたびに沈します。

ようするに波が止むまで上がることが出来ません。

そんな時は後ろから上がることになります。

(以上、かじやん師匠体験記でした)

私のカヤックの場合、後ろは旗棒立ってるし、荷物置いてるしで、上ることが出来ないので
前から上ることにしました。

が、これがまた、全然出来ません。
横に比べて、持ち手が少ないし、持ちにくいんです。

波間に浮かびながらチャレンジを繰り替えること10分。

わかった!

バウの持ち手と船体を周回しているロープを持って
斜め前にスタンバイ。

上半身で上がろうとすると同時に、バタ足。

これで上がれた!

やっぱり練習って必要ですね。
動作を体に覚え込ませる為に、定期的に練習を繰り返すことにします。
かじやん師匠、ありがとうございました。

で、家に帰って、嫁はんから一言。

嫁はん:鯛は?

私:いや、今日は練習やから・・・

嫁はん:毎回練習してるんやな。

私:・・・

カヤック練習

今日は京都にお墓参り行くついでに、
琵琶湖でカヤックの練習してきました。

P1010032.jpg

まずは、沈する限界の確認。

重心を片側によせて、体をカヤックより外に傾けると、あっけなく沈。

普通釣りしてるだけなら、こんな体制にはならないけど、
なんかしてるときに、横波来たら沈するなー。


お次は、沈からカヤックに上がる練習。

カヤックの横から、反対側の持ち手を持って腹ばいで上がって、おしりをすべりこませる。
まぁ、なんとかなるな。


最後は転覆したカヤックをおこす練習。

これが難しかった。

カヤックの船底って、手をかける場所がないから、おこすどころか
しがみつくことも出来ないんです。

さて、どうしたものか?

手を掛ける場所さえあれば、なんとかなるんだが。

あ、あった。

スターンに艇の安定性を向上させるための出っ張りがありました。

転覆したら、以下の手順で復活です。

1.スターン側に移動
2.出っ張りに手を掛け、思いっきり体重をかける。


転覆からの復帰がやりやすいように、ちょっと手を加えようかな。


それと、なんとか持てるから必要ないかなーと、思いつつなんとなく買ってしまった
カヤックカートを使ってみました。
P1010033.jpg

使った感想は


めっちゃ楽!!!!!

カートを固定するのに3、4分かかるけど短距離でも使います!

修理に出したリョーガも戻ってきたし、週末は鯛カブラ行きたいな。

けど、沖堤も行きたいし、先週のポイントも行きたいし、タコも行きたいし、
どうしよう(悩)

«  | ホーム |  »

検索フォーム

スポンサード リンク

Favorites list


カートップボートのA to Z
海の魅力を満喫するクルマ+ボートの入門ガイド



ボートフィッシングバイブル
海のマイボート・フィッシング「完全マニュアル


ボート釣り道場
マイボードを車に積んで!スモールボートで楽しむ海の釣り入門